イヤイヤ期の子育てにも使える承認のテクニック

zukasii
こんにちは!
パパさんコーチング・エンジニアづかしーこと、いしづかです。

ぼくには3歳になる娘がいます。

一般的に2歳ごろからイヤイヤ期が始まると言われますがウチの子も例外ではありませんでした。

最近はすこしマシになってきたものの、まだまだイヤイヤ期真っ盛りです。
今朝もトイレに行く時に「ママと一緒がいい〜!!!」とだだをこねて大泣きしました(^^;)

他の親御さんの話を聞くとみんな似たような感じでしたが、親から見ると「他にもいっぱいあるじゃん」と思うところはあるのですが、娘としては「これじゃないとイヤ」だそうです。
 

うーん、まぁ子育てあるあるですね。
 

イヤイヤ期は子どもの成長に欠かせない通過点。
親としても可能な限りを叶えてあげたいのですが、、、時間のない朝なんかはそういうわけにもいきません。
 

そんなこんなで親子の間で激しいバトルが毎日繰り広げられています
 

さて、そこで使えるのはこの承認のテクニックです。
 

承認のテクニックについてはこのブログでも何度か登場しています。

おさらいすると、承認というのは「わたしはその事実を事実として受け入れました」ということを相手に伝えるということです。

決して「褒める」とは違います。承認は事実を認めましたよと伝えることです。褒めるのは「評価」です。
 

承認のプロセスは2つのブロックに分かれていて、1つ目は事実の確認と、2つ目はその事実の承認です。
 

このテクニックは一般社会でもクレーム対応にも使われています。
ひたすら話を聞いていると相手が納得してこちらの言い分を聞き入れてくれるという風な効果があります。
 

自分の娘をクレーマーというわけではありませんが(汗)
子育てにもこのテクニックは大いに利用できます。
 

今朝もやったばかりの実録、子育て承認のテクニック

例えばこの「ママと一緒に行きたかった」ということを例に取ってみましょう。
まさに今朝やったばかりですので、超新鮮な事実ですよ(笑)
 

シチュエーションとしては、ぼく(パパ)が「出かける前にトイレ行くよ!」というと、娘が「ママがいい〜!!!」と大泣きした、という状況です。
 

まずは事実の確認です

パパ
ママと一緒に行きたかったの?

大泣きしながら娘はこっくりと頷きます。
次にその事実を承認します。

パパ
そうかママと行きたかったんだね

ここでも大泣きしながら娘は頷きます。
もう一度重ねます。

パパ
うんうん、そうだねママと一緒に行きたかったんだよね

ここでもこっくりと頷きます。
この辺になると泣いてはいるもののギャンギャンいう声は収まりつつあります。

さらにもう一度重ねます。

パパ
そうかそうだよねママと行きたかったもんね

娘は頷きながら、ムスッとしつつもだんだん泣き止みます。

ここからは子育てならではですが「そっか、こっちにおいで」と言って娘をぎゅっと抱きしめます。
そうすると娘は素直にぎゅっと抱きしめ返してくれます。

「よし、じゃぁおいで」と一緒に手を引くとママではないのにもかかわらず一緒についてきてくれます。
 

このように 自分の言い分を何度もわかってくれると言う体験をすると、人はそれだけで満足して、違う指示も受け入れてくれる のです。
 

これはイヤイヤ期真っ盛りの3歳児にも通用するテクニックで、私はしょっちゅうこのテクニックを使っています。
 

もちろんうまくいく時もありますし、全然ダメな時もあります。

ダメな時はどうしようもないのでママを呼び寄せることになりますが、それでも承認のテクニックを使ってからはその割合が半分以下になったと思います。
 

半分になるってなかなかスゴイことだと思いませんか?
 

まとめ

子ども相手だと承認のプロセスはこれぐらい短くて済みますが、大人が相手だとその承認のプロセスはもう少し長くなり、じっくりと話を聞き取る必要があるでしょう。

しかしながら相手の言い分をしっかりと出し切らせてあげることで、意見を押し通そうとしに来ている相手にも、対等の立場で話ができるようになります。
 

そうするとこちらの言い分も平等に扱われるようになり、お互いの妥協点をお互いで探り合える建設的な話し合いができるのです。
 

いかがでしょうか今回は僕の3歳の娘を例にとりましたが、これは大人の社会の中でも十分に通用するテクニックです。

お子さんがいらっしゃる方は是非いい練習相手として試してみてください(笑)
 

無料で提供しているコーチングマニュアルにも、承認の具体的手法について触れています。

あなたが 欠点ばかり指摘するのではなく、長所を引き出す接し方をしたいと思っているなら 、ぜひ確認してください。

明日からすぐに使えるノウハウも入れていますので、この機会にぜひ受け取ってください!!