あなたはやり方まで指示していませんか?ヤル気を倍増させる「自己納得」の活用法

zukasii
こんにちは!
マネジメント奔走中のパパさんエンジニアづかしー(@zuka_sii)です。

子どもの頃、いまやろうとしていたのに「宿題やったの!?」って言われてヤル気を喪失した経験ありませんか??

またはちょっと休憩してただけなのに「いつまでダラダラしてんだ、勉強しろ!」って言われてヤル気が次元の狭間に消えていった経験ありませんか??
 

同じ勉強なのに、他人からやれと言われるとホントにやりたくなくなりますよね。
逆に自分でやろうと思ったものは、いい集中力のなか、しっかりとやりこなせます。

ぼくの話ですが、高校受験の2ヶ月前に模試を受けたところ、志望校が「D判定」が出ました。
A〜EのなかのD。なかなかヤバい。

自分でヤバさを自覚したことが伝わったのでしょうか、コレばっかしは親も何も言わなかったですね。
そこからの集中力といったら、今までにないものがありました。

必死すぎて当時の記憶ないですもん(笑)
 

仕事でも同じです。
人は指示がキライです。
指示されたことに対して、モチベーションはあがりにくいもの。

ですが、自分で納得したことに対してモチベーションを保ちやすいことは感覚的にもおわかりかと思います。
 

いろいろ話をしていると自分で自分に納得して行動するケースがありますね。
コーチングの世界では、この自分で自分に納得するという現象に名前がつけられていて「オートクライン」といいます。
 

なにが最適な選択かという答えは、本人の中にだけ存在するという考え方に基づいたものです。

これを会話の中で引き起こすことができると、相手のモチベーションを高く保つことができて、行動を促す原動力となります。
 

逆に、この現象を知らずに過ごしていると「自分の部下は言われたことしかやらない」とグチをこぼすことになります。

今回は部下のヤル気を引き出したいと願っているマネージャーさん必見の、この「オートクライン」について書いていきたいと思います。
 

オートクラインとは

オートクラインとはもともと医学用語で「自己分泌」という意味です。
細胞が分泌する物質が、その細胞自身に作用することをいいます。

それが転じて自分の行動や言動が自分自身に作用することという意味で使われています。
 

大事なことは、自分の言動が自分に作用する、という点です。

何か行動を変えようというときに、主体性が保たれているかどうかは何よりも重要。
 

結局、誰かに言われたことでは行動を変えることはできないのです。
自分を変えられるのは自分だけ。主体性が守られなければ行動を変えることはできません。
 

オートクラインによって自分自身を説得し、背中を押した状態にある人は、誰が見ても明らかにヤル気に満ちあふれています。
 

オートクラインを起こさせるマネジメントとは?

オートクラインを引き起こすためのマネジメントとして、2つポイントをまとめます。
 

解決策は自分で見つけ出させる。やると宣言させる。

例えば提出期限を例に取ったとき

「明日の10時までに出して」と言われるより
「明日の10時までに出せそう?」 → 「そうですね、10時までなら何とかなりそうです」となったほうが10時に提出される確率は高いです。

前者は単なる指示ですが、後者は目標を宣言させている分だけオートクラインが発生しやすくなります。
 

このように行動を自分で宣言させるということがオートクラインを用いてモチベーションが高い状態を保つポイントとなります。
 

答えをゆだねて、先回りしない

コレ、プレーヤーとして優秀な方に多いことですね。
予見できるからこそ、先回りして答えを出してしまうパターン。

行動を宣言させても結局ダメ出しして自分が言うように行動させようとするようなケースですね。
 

これはこれで伝え方があるのですが、今回はおいといて
そのままじゃオートクラインは発生しません。
 

子育ても同じことですよね。
先回りしすぎると自分でなんとかしようとしなくなる。

仕事でも、あまりに先回りすると「○○さんを通さないと」みたいな状態になっちゃいます。
長い目で見たら大損害です。現場で仕事する人たちが考えるのをやめてしまいますから。
 

言いたいことはある。でもガマンのしどころなんです!!

「先回りしすぎない」

マネジメントの難しいところですね。
ですが、メンバーに主体性を持って仕事をしてもらうためには必要不可欠なんです。
 

誰にでもオートクラインが起きた経験はあるハズです。
そのときの感覚を忘れないでください。
 

少なくともぼくには、他人からアレコレ言われて「コノヤロー」って悔しさをバネにする、的なモチベーションの上がり方はしたことありません。
きほん、イライラして、とりあえず言われた分だけやっておしまいです。そういう人いるのかな。。。ドMの人とか??
 

オートクラインの状態というものを頭に入れておくだけでマネジメントも変わってきますし、チームの雰囲気は絶対に変わります。

答えをゆだねるということは、信頼しているというメッセージにもなります。
チーム全体が主体的に動く風潮になったら生産性はどれだけ上がることか、計り知れない効果が期待できます。
 

まず明日から1つだけ変えてみてください。
明日は方法を指示するのではなく、選択肢を与えて選ばせてみてください。

これだけで「自分で選んだ」という意識が納得感を生み、行動が変わってきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください