【傾聴】アクティブリスニングを妨げる3つの要因。話を聞けない人が陥る思考とは?

「傾聴」というキーワードがありますね。
書籍も多く発売されています。ぼくもいくつか読んで、とても勉強になりました。

またセミナーもたくさん開催されていますね。
傾聴は概念だけではなく方法論です。
実践するにはトレーニングが必要。

セミナーで実際にやってみて、一部でも体で覚えるのも有効だと思います。
 

最近では企業でも外部講師を招いて社内セミナーをやるところがあります。
社内を活性化し、会議の場で多くの意見を出してもらい、全体のレベルアップを図る。

それ自体はとても賛同できますし
会社全体が傾聴を取り入れることで隠れた才能が開花する社員もたくさん出てくるでしょう。
 

この手のスキルって一人ができてても意味ないんですよ。
組織全体がある程度のレベルに達すると相乗効果がでてくるんです。

ですけど、何回セミナーいっても身につかない人、いますよね。。。
 

「傾聴を取り入れよう!」って外部講師呼んできたトップが一番人の話聞かないなんてことも(汗)
 

せっかく傾聴を学んだのであれば使いこなしたいもの。
「セミナー行ったんじゃねえのかよ・・・」とか思われたくないですよね。

というわけで今回は傾聴を妨げる要因を3つ挙げていきます。
 

ありのままを聞けなくする3つの要素

傾聴は、相手に思っていることを全部話してもらうためのスキルです。あくまで主役は聞き手ではなく話し手ですね。

話し手が思っていることを言葉に出し、出し尽くしたときに見えてきたものを共有するための手法です。
コーチングのプロセスと共通する部分も多いです。

それを妨げてしまう要素はたくさんあると思いますが、ぼくが感じた中で最も多いなと思った3つを挙げていきます。
 

評価や批判をしたくなる

一番よく感じたのはコレですね。
話を聞いているうちにダメ出ししたり、下手すると説教を始めたりする。

ことの経緯をだいたい聞いたあたりで「それは視野が狭すぎだろ」とか考えちゃうのはコレにあたります。
 

傾聴のプロセスに「評価」はありません。
これまで話を聞いて、パッと評価して、パッと指示してって感じだった人はなかなかそのクセが抜けません。

ですが、評価や批判をせずに、全部吐き出すまで聞き取るというのが傾聴の最初のステップ。
これができずに部下が持てる力の半分も出せていない部署とかめちゃくちゃ多いでしょうね。。。
聞いているだけでおもしろいアイディアをひねりだしてくるかもしれませんよ?

話をしてると途中でさえぎられて「その言い方だとどうのこうの」みたいな変な説教されて
「あぁもういいや」って思った経験ありませんか?
 

勝手に話の先を推測する

次に多いと感じるのはコレ。
勝手に話の先を推測して結果がわかったつもりになる。

場合によっては話に割り込んで「要はこういうことだろ」とか言い始めて勝手にまとめるパターン。
ここまできたら重症です。。。

もちろん、話が一通り終わった後で確認という意味であればそれは良いことです。
話をした側もきちんと聞いてくれていたと感じることができますし、認識を合わせることもできます。
 

人は相手が「もうわかってるよ」という態度だとそれ以上話をする気がなくなります。
話をしている人にこれ以上は聞く価値のないものというメッセージが伝わってしまいますからね。

そのまとめが的を外していたらもう最悪です。
もはやどこが違っているのかを訂正してから話を続けるなんて余計な労力をかけようなんてだれも思いません。
 

先入観バリバリ

経験値が高い人ほど陥りやすい気がしますね。
先入観が強すぎて、変なバイアスがかかってしまうパターン。
 

「アイツは営業の仕事やったことないんだから」
「アイツはまだ経験が浅いから」

といった感じです。
「どうせ」っていう言葉がよく出てくるパターンでもありますね。

先入観を持ったまま傾聴ができるハズもなく
聞いているうちに勝手に先を推測し始め、
評価をし、批評をし、

というあわせ技を繰り出すことになるでしょう。
 

まとめ

傾聴を妨げるパターンとして3つまとめました。

だれでも無意識のうちに脳内会話が繰り広げられています。
そこをいかに認識して相手のありのままを聞けるかがポイントですね。
 

1つ目の「評価や批判をしたくなる」なんてホントよくあるパターンです。

何事にもスピードが叫ばれる中、事案をサッと片付けているようで気持ちいいかもしれません。
 

ですが、話をした側からしたら二度と相談したくないシチュエーションに他なりませんからね。

なんども言うように、傾聴とは相手のありのままを聞き取る方法論です。
重要なのはありのままの部分なんですよね。そこに聞き手は登場しないのです。

ここを勘違いして何か言ってやろうとする人が多いこと多いこと・・・。
 

あなたはそうならないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください