【会話術】相手の緊張を解いてリラックスした空気をつくりだす「YESセット」のやりかた

zukasii
こんにちは!
マネジメント奔走中のパパさんエンジニアづかしー(@zuka_sii)です。

アイスブレークという言葉がありますね。会話を始めるときにいきなり本題に入るのではなく、ちょっと心を温めるウォーミングアップです。
今回はそのアイスブレークに使える1つのワザをお伝えします。
 

例えばこんなシチュエーションを考えてみてください。

「ちょっと話があるんだけど」

と、上司から急な呼び出し。

まあ話しかけるのはいつだって急なもんですが
それが上司から、それも「ちょっと話が」だけ言われたら誰でも「なにか叱られるようなことしたかな・・・」と思ってしまうものです。
 

緊張感を持って話をするのは時としていいことですが、じっくり対話を行いたいというときは高い壁になってしまいます。
特に商談だったり面談だったり、緊張して脳が防御モードになっていたらいい話し合いなんてできません。

ほかにも初対面の人と話をするときなど、お互いに緊張する場面ってたくさんありますね。
 

そんなときに簡単に使える会話術の1つがYESセットです。

すごくお手軽なのですが、心理的なバリアを解除し、安心感を与えることができます。
心が温まった状態だと、本音のやりとりができるようになりますし、短い時間でしっかりと成果を出すことが可能です。
 

今回はこのYESセットのやりかたをご紹介します。

どうも会話の出だしがギクシャクしてしまう。。。
という方は必見ですよ!!
 

YESセットとは

YESセットは「一貫性の法則」を利用した心理テクニックです。

人は自身の行動、発言、態度などに対して一貫したものとしたいという心理がはたらきます。
これが一貫性の法則です。

途中で曲げられなくなるのです。なんとなくわかる気がしますね。
 

なんども同意していると反論しにくくなります。
つまり、繰り返し同意させることで思考そのものが肯定的になり、自然と緊張がほぐれていくのです。
 

YESセットのやりかた

相手がYESと答える質問を3つするだけ!!
これだけです。
   


Aさん「このところ、晴れが続いてますね。」

Bさん「そうですね。晴れてると気持ちがいいですね。」

Aさん「天気がいいと、どこかに出かけたくなりますね。」

Bさん「家にこもっているのももったいないですもんね。」

Aさん「ドライブなんて良さそうですね。」

Bさん「いいですね。好きな音楽をかけながら。。。」


 

こんな感じです。
このやりとりだけでBさんは3回YESを言っています。
 

とはいえ、上の例はいかにもテンプレートって感じです。
たしかに同意していますが、心から同意しているってわけでもなく、惰性みたいなもんですね。

ポイントとしては相手が興味を持つ質問で3つYESを引き出すことです。
 

「髪型変わりました?」とか
「そのシャツ初めて見ましたね。新調したんですか?」とか
「その腕時計かっこいいですね」とか

じぶんで気に入っていないものを身につけることはあまりないことですし
「いえいえ~」なんて返ってきても心の中では同意しているものです。

とりあえずのとっかかりとしては身につけているものから始めるといいかもしれませんね。
 

まとめ

YESセット話法は営業マンが商談の場で用いる営業話術でもあります。
タフな交渉でも繰り返しYESを言わせることで、大事な場面でYESをもらいやすくなるのです。
 

もちろんなんでもかんでもYESと言わせればいいってもんではありません。
相手の好みを知っておくなど、事前の準備はやはり大切です。

その上でYESセットを用いることで、話し始めの緊張を解いて、いいスタートができることでしょう。
 

商談の場、面談の場、社会生活ではいろいろと会話するシーンがありますがお互い緊張状態だとうまくいかないもの。

YESセットを使って心のバリアを取り払い、有意義な時間になるようにしたいものです。
 

まずはテッパンの「天気の話」でもいいでしょう。
天気の話でYesを言わせる質問を3つ考えてみてください。

この3つがあるだけで、会話が気持ちよくスタートできますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください