いしづかけ流「読書の効果を倍増させる方法」!

ふみ
やっほー!今日も来てくれてありがとう!
軽度の産後うつ+天性の三日坊主を克服して、超自分の時間を生きている「いしづかけ」のヨメ、ふみです!

たかひろ
どうも。ダンナのたかひろです。
ちょいちょい自分ワールドに入りがちなヨメをなだめつつ、感覚派のヨメさんに代わって理論の部分を補い、「いしづかけ」の理性を保ちます。

 

今回は「読書」の効果を倍増させるために実践していることの話

たかひろ
ぼくら夫婦が読書した内容を身につけるために行っていることをお伝えします!

あなたは読書していますか?

ぼくはあんまり小説は読まないんですが、なぜかコレだけはハマって読みました。
↓↓↓

なんかすごく読みやすくてさーっと読めたんですよね。

でもやっぱり読む頻度が高いのはビジネス系です。
最近だと内容はビジネス系なんだけど、小説仕立てってのも多いですよね。
 

個人的に勧めたいのが

↓コレとか

↓コレとか

どっちも会議のノウハウ本やんけ!
って聞こえてきそうですけど、この2冊読んだら 今までどんだけヘタクソな会議してたかわかりますよ!!

特にこの「世界で一番やさしい会議の教科書」はぼくら夫婦の間で大ヒットしまして、お互いに何度も読み返しています。

今でもめっちゃ役立っていて、何か議論するときはこの本に書いてある流れにそってディスカッションしています。

ぼくが勤める会社では、この本をみんなで読んで会議を変えていったら時間が半分になったくらいですから。いかにやり方ってものを知らなかったのか痛感させられました。
 

ファシリテーションの重要性は他の機会に取っておくとして。。。
 

さて、こんなことはありませんか?
人に何かを教えると、教えた人間が一番勉強になっている ということ。

ぼくは実感としてそう思っています。ぼくはエンジニアなので社内で勉強会することもちょくちょくありますが、自分が講師としてしゃべったとき、一番勉強になっているのは自分自身です。

もちろんチームのスキルアップのためにやるんですが、半分は自分のためにやっているようなモンですね(笑)

読書に置き換えても同じことで、 アウトプットを前提にすると、読書した内容が身につきやすい ということですね。
これはよく言われていることだと思います。
 

では、いしづかけで読書をしたらどうやってその効果を高めているのか、ご紹介します。
 

読書したらヨメに話す

ふみ
やろうって決めたわけじゃないけど、読んだ本の内容ってお互いにしょっちゅう話をしてるよね。
たかひろ
そうねー。いつの間にか習慣化してたけど、自分の言葉で説明するってのは内容をそれなりに理解しておく必要があるから良いトレーニングになってる気がする。

ウチでは、 読んだ本の内容を相手に話す ということが一般風景化しています。

なんでしょうね。
やろうと決めたわけじゃないんですけど、いつの間にかそうなってました。
 

お互いに話し好きだからかもしれません(笑)
 

でも最初から実のあることが話せていたわけではないんです。

本を読んで記憶が新しいうちに話そうとするんですが、初めのうちは相手の情報量も前提知識も関係なくしゃべりたいことをしゃべってしまっていました。

なので、聞いているほうも 「なんだかよくわかんない(いちおう頷きはするけれど)」 って状態になっていました(汗)
 

きちんと内容が伝わるように話すためには、「結論から先に話す」とか、「最後に自分の見解を話す」とか、よく言われる方法論がありますよね。これがいかにできてなかったのかというのを痛感しましたし、ちょっとした改善でずいぶん伝わるようになるというのも実感しています。
 

逆に聞く側としても「わからないところがあったらすぐに質問して情報を合わせる」だとか、「質問の意図が伝わるように、簡潔に質問する」だとか、こういったスキルが必要だということも体感としてわかりました。

あ、「聞く姿勢を整える」とかね。これすごく重要。
スマホ触りながら聞くとかNGですから。
 

読書した内容を共有する。
これ1つ見ただけでも、 話す側、聞く側、両方のスキルについてのトレーニングになっていた のです。
 

プレゼンのセミナーとかありますよね。
そこでは伝えるトレーニングをたくさん積むのだと思いますが、家でも同様の舞台があるんです。

大体の流れはこんなかんじ

  • 読んだ本の内容で印象に残った点を説明する
  • 身近なできごとで、その内容に関連するものを話す
  • どう関連する(こうすればより改善できるんじゃないか)という自分なりの見解を示す
  • お互いにディスカッション

別に特別ってわけでもなく、よくある感じですね。
 

というかそんな高尚な話でもなくて、ぼくらにとっては夫婦間のコミュニケーションの一環って感じです(笑)
楽しむのが一番ですよね、
 

ちょっと遠回り感がありますが 「うまく伝える」という目的を1つ持っているだけで、本の内容が頭に残る割合がずいぶん違う んです。

言葉にするというだけで頭の中が整理されますね。逆に言葉で説明できないうちはちゃんと理解しているとは言えないんだと思います。
 

相手に分かる言葉で説明する。
これって実は自分のためでもあるんですね。
 

ポイント
本を読んだら内容をパートナーに話そう!お互いにやると、話し方も聞き方も洗練されるし、内容が頭に残りやすい!

 

子どもが絵本の内容を一生懸命話してくれるようになったという副産物

以前テレビで「子どもが本を読まない」という悩みを話した親御さんに、「今でしょ」の林先生が 「親がやらないことを子どもにさせようなんてそもそも間違っている」 というコメントをしていました。
 

うーん、そりゃそうだ。
 

本を読んでいる姿、勉強している姿、これを親が子どもに見せること自体が意思表示になるということは、ぼくも納得できます。
 

さて、われらがさぁちゃん(現時点で3歳)はまだ字が読めないので読んであげる必要はあるんですが、絵本が大好きです。

市民図書館からよく借りてくるんですが、毎晩全部読まされます(汗)
大変ですけど、まぁそれは良いのです。
 

ここ最近ではちょっと変化がでてきて、保育園で読んでもらった本の内容を一生懸命話してくれるようになりました。

「パパたちがよくお話ししてるから、さぁちゃんもお話しするー!」

だそうです。
 

そりゃ3歳児のボキャブラリーですから、当然ワケわかりません(笑)

さぁちゃん「しろいのがね!びゅーんってとんでね!」
ぼく「!?!?!? ええと、白い飛行機かな!? それがお空飛んだのね!?」

聞いているぼくらはいろいろと察しながら話を聞きます。
つたない英語で伝えようとする日本人を見た海外の人ってこういう気持ちなんでしょうね。

一生懸命伝えようとする人の話は、聞く側も聞く気になります。
さぁちゃんが発する言葉が、その絵本を正確に描写できているかどうかは問題ではありません。
 

これだけが要因というわけではありませんが、この数ヶ月でさぁちゃんの語彙力は爆発的に向上しました。

意味分かってないと思いますが、いきなり「そんたく」って言い始めたときは「マジか!!」って思いました(笑)
 

ポイント
子どもには絵本の内容を教えてもらおう!頭の中のイメージを言葉にするのはとても良いトレーニングになるし、感情が豊かになる!

 

まとめ

以前、こんなことを聞かれました。

どんな内容の本もお互いに話すの?たとえば専門書とかでも?

答えはYesです。
 

ふみ
たかさんはプログラミング系の本の内容も私に話すよね。私はITの専門的な内容は全然わからないけど、「こういうことができるようになる」とか「内部の構造がイケてる」とかいうのはなんとなく分かるからおもしろいよ。

たかひろ
たしかにジャンル関係なく、専門的な内容の本でもお互いしゃべるね。もちろんエンジニア同士で話すときの言葉は使わないようにするけどね。

 

もちろん 単刀直入にフィードバックしていい というお互いの合意があるからこそできる、という点もありますね。

聞いていてあまりにつまらない(苦痛である)のであれば、「ごめん、その内容はあまり興味を抱けない」って正直に言います。

そのときは「I(アイ)メッセージ」で伝えることを忘れずに。
「(あなたの)話がつまらない」ではなく、「(わたしは)興味が持てない」と伝えます。

前者は評価ですが、後者は単なる事実だからです。
コミュニケーションは「評価」によって途切れるものですから。
 

本やおもしろい記事を読んだら、ぜひパートナーにその内容を話してみてください。

たとえそれが専門書だとしても「どの辺が役立つと思ったのか」という見解だけでも話すとかなりの確率で頭に残るようになります。
 

エンジニアしかわからない話題で恐縮ですが、先日久しぶりに「リーダブルコード(※ざっくり言うと、読みやすいプログラムを書くためのノウハウ本)」という本を読み返していたんですが、プログラムを書いたことのないヨメにもその本の内容を話しました。

ヨメは「プログラムはわかんないけど、要はヘタな文章を脱却してキレイな読みやすい文章を書くためのやり方ってことよね!」っていう理解には到達したようです(笑)
ぼくは話したことで文中に出てきた用語も頭に残りましたし、人に説明できるレベルで理解を深めることができました。
 

いかがですか?どんなジャンルでもできると思います。
「話す」という行動そのものが、あなたの理解を助けます。
 

たかひろ
今回の記事は楽しんでいただけましたか?
それではまとめです!!
この記事のまとめ

  • 本を読んだら内容をパートナーに話そう!
  • お互いにやると、話し方も聞き方も洗練されるし!
  • 自分の言葉にすることで、頭が整理されて、内容が頭に残りやすい