【絶対一緒に働きたくない上司】「いや、」が口ぐせの上司

「いや、それはそうなんだけどさ」

「いや、それだと○○が〜」

「いや、それともう一つ」
 

なんでもかんでも「いや、」が最初にくる人、いますよね。
「いや、そりゃそうだろ」とか

賛同なのか、否定なのかどっちだw
 

ぼくの周りにもいました。
部下が何を話しても必ず「いや、」から話し始める上司。
なんせ何を言っても否定から入るんですから、もはや近寄りたくなくなります。
 

否定から入るとはどういうことでしょうか。
というか、肯定なのに「いや、」から始めるくらいですから、何が何でも否定したいのか??
 

ぼくからみると、部下の言動を認めることができない(負けだと認識する)ことから
自分の権威を維持するために無意識的に否定の言葉を言ってしまっているようでした。
 

なのでデキるヤツは片っ端から否定されます。
で、デキるヤツからいなくなっていきます。
で、周りはイエスマンばかりで構成され、本人的にはとても居心地がよくなります。
 

それがそのまま大きいおともだちになってしまうと「老害」と呼ばれる状態になってしまうのでしょう

いつまでたっても口を出し続け、自己の経験のみに依存し、他人の意見を排除する。
 

信頼しなければ、信頼されません。
自分の権威を守った瞬間から、部下は本気を出してはくれなくなります。
 

否定の言葉をしょっちゅう出す人。
ぼくは一緒に仕事したくないですねえ。
絶対に雰囲気わるくなるし、なんせ絶対テンション下がりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください